借地権は新法により何が変わったのか

新法と旧法で特に大きな違いは時間についてしっかりと定めてあるかです。これは、どれだけの期間貸し出すのか。いつ返さなければならないのかということを決めなければならないものです。平成4年に改正された借地借家法は新法と呼び、それに対して以前の契約、平成4年の法改正以前に締結されたものは旧借家法として区別されることが一般的です。

2つに大きな違いとして、新法では定期借地権(一般定期借地権・建物譲渡特約付借地権・事業用借地権)が制定されたことです。これが貸し出しの期間を設定し、その契約の終了時に土地を返してもらえます。期間中ならば立退きなどをしようとしても、理由がなければ土地を退くように言うのは違法となりました。そのため、貸し出される側に有利な法に見えますが地主にもメリットがあります。旧法では借地権を持った人が土地を返してくれないこともありましたが、今ならば期間が設定してあるため地主も土地を返してもらうことができるようになりました。そのため、権利者がごねて土地を返してくれずに泣き寝入りしなければならないような地主にとっては良いものでしょう。しかし、現状ではほとんどが旧法のままのため、まだまだ浸透していないものでもあります。